トイレタンクが原因で困る水のトラブル

家族の数が多ければ多いほど、1日にトイレを使用する回数は多くなります。トイレの水はほかの蛇口から水を出す仕様とは違って、一度タンクに溜められた水が流れる仕組みになっています。家族が多いと水が溜まり切らないうちに次の人が使用するということもあるでしょう。タンクには常時水が満たされている状態となるため、タンク内のさまざまな部品は経年劣化しやすくなるのも仕方のないことです。水のトラブルの中で最も困るトイレタンクの水漏れにはどのように対応すればいいのでしょうか。

■水のトラブル対応は水漏れ部分を特定することから

トイレの床が濡れているのに気付いた時は困るものの、どこから水が漏れているのかなかなか見つけられないこともあります。早急に対応するためには、まず水漏れ部分を特定することから始めなければなりません。常に水がいっぱいに満たされているタンクから水が漏れることが多いため、まずはタンクをチェックしましょう。
タンクがひび割れを起こしていることはなかなかないので、フタや手洗管なども詳しくチェックする必要があります。タンクと手洗管を接合する部分に問題がある場合は、手洗管から出る水の量が少なくなるのでわかりやすいでしょう。そのほか、タンクと便器や温水洗浄便座をつないでいるパイプや接合部分から水が漏れることも考えられます。

■トイレタンク内部の問題による水漏れ

いつも水が便器に流れて止まらない場合は、トイレタンクの内部に水のトラブルの原因がある可能性が高くなります。タンク内には水を溜めたり流れを調節したりするためにさまざまな部品があり、どれに問題があるかわからなくて困ることも多いものです。
パッキンの劣化やナットやボルトの緩みぐらいであれば、個人でも修理が可能であるためそれほど困ることはないでしょう。しかし、複雑で繊細なタンク内の修理は誤ってしまうと水が流れなくなったり、止まらなくなったりなどして困ることが多くなります。素人では無理な作業も多いので、早い段階で専門業者に依頼した方がいいでしょう。知識や技術もないまま修理すると水浸しになって自宅だけでなくほかのお宅にも迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

■まとめ
トイレを使用したときに床が濡れている、タンクから水がポタポタと落ちているなどの水漏れに気づいたら早急に対応する必要があります。トイレ 水漏れの量が少なくても時間が経過すれば水のシミが水たまりとなり、水浸しになってしまうことも考えられます。大量の水を溜めるタンクに原因があることが多く、何が原因であるかを調べる必要があるでしょう。部品の劣化であれば簡単に交換して解決することもできますが、複雑な部品の取り扱いや原因がはっきりしないときは、早めに専門業者に依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ