浄水器から止まらない水のトラブル

水道料金の問題だけでなく貴重な水を少しでも節水しようとさまざまな取り組みをしている家庭もあるのではないでしょうか。トイレや浴槽に水を入れたペットボトルを入れて水の使用量を制限したり、溜め水で食器洗いをしたりすることだけでも節水をすることができます。しかし、安全で安心な水を飲むために設置した浄水器から流れる水が止まらないという水のトラブルもあります。節水のためにもどのように対応すればいいのでしょうか。

■浄水器の構造

浄水器にはさまざまなタイプがあり、最もシンプルなものは蛇口の先端にカートリッジを取り付けて水道原水を分岐栓で浄水と切り替えるものです。カートリッジの中には塩素や農薬、化学物質などを吸着するためのろ過材が入っており、浄水器を通ることで体に害を及ぼすおそれのある成分を取り除いてくれます。
水道原水は浄水器で一旦ダムのようにせき止められてから、少しずつ中を通ることで濾過された水が出てきます。そのため、浄水器の中のろ過材に水の圧力がかかり、その抵抗が原因となって水が止まらないという漏れが生じることがあります。浄水器から出てくる水は原水と比べて勢いが劣るように、せき止められた水の圧力が絶えずかかっていることから、漏れが生じることがあるのです。

■浄水器からの水漏れ

浄水器を取り付けたばかりのときは、特にカートリッジの中の濾過材の抵抗によって水が止まらないことがあります。浄水器の取り付けが緩い場合にも蛇口から水が漏れることがあるでしょう。また、経年劣化によって浄水器が劣化することによってひび割れが生じ、そこから出る水が止まらないということもあります。
浄水器から水が漏れる場合は布できれいに水滴を拭き取ってから、浄水器にハンドルやレバーを合わせて水を流し、接続部分の水漏れをチェックします。浄水器自体に問題がある場合は、取り換えることによって問題が解決しますが、原水を供給する水道管や蛇口に問題がある場合は、専門業者に依頼してみてもらった方がいいでしょう。

■まとめ
家庭の中でも水の使用量が多いキッチンの蛇口は、経年劣化によってパッキンやナットなどが劣化して水が止まらなくなることもあります。また、最近では少しでも安全で安心なおいしい水を飲むために浄水器をつけている家庭も少なくありません。浄水器は取り付け方が悪いと水が漏れることがありますが、それ以外にも劣化によって水が漏れることもあります。浄水器の取り替えだけで済む問題であれば個人で対応ができますが、原水の蛇口や水道管に問題がある水のトラブルの場合は、蛇口 交換などを専門業者に依頼しないと状況が悪化することもあるので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ